こんにちは、けにーです。

今回は僕が所属しているブログコミュニティのセミナーがあるということで、高速バスを使って東京まで行ってきました。

 

なぜ高速バスを使おうと思ったかというと・・・

私の住んでいる愛知県から東京までは、電車と新幹線を乗り継いでも3時間かかってしまうという遠さです。

いつもは車か新幹線でいくのですが、何しろお財布事情が寂しくてですね…。

品川ー名古屋間は指定席で約11000円ほどかかってしまいます。

往復2万超えとるやないかっ!ちょっとそれはキツイ!(てゆーか名古屋でもセミナーしてっ)

社畜は辛いです(>人<;)

 

ということで、今回はケチって4列シートスタンダード片道3500円の高速バスに乗ってみました。

  • その車内は快適なのか?辛いのか?
  • 新幹線や3列シートと比べてどうか?
  • 時間はどのぐらいかかって、体の疲れはどうなの?
  • おすすめの高速バスアイテムは?

といったところを僕の体験を交えて記録していきます!

結論

4列シートは安いけど体がキツイ!とにかく安くという人にはおすすめ。

だけどお金を出せば選択肢はある。

という当たり前の結論になってしまいましたが…。

 

今回はジャムジャムエクスプレスのJAMJAMLINERという便に乗って、

予約はバスブックマークという予約サイトで予約しました

バス予約サイトは他にも色々ありましたが、予約サイトで値段が変わるというより、

出発日は土日なのか?平日なのか?3列シートなのか4列シートなのか?

といった条件での値段の違いはかなりありましたが、予約サイトでの違いはほとんどなかったので、

僕はここを選びました。

 

今日もナナちゃん人形が絶好調!それではいってみましょう!

名古屋のナナちゃん人形

 

所要時間や料金など基本情報(新幹線との比較も)

今回乗ったのは、4列シートのスタンダードでもっとも安いタイプ。

いわゆる遠足などで乗った、観光バスのタイプです。

また8月の土曜日ということで、時期によっても違いが出ますので、あくまで目安に考えて頂ければと思います。

また4列シートでも、楽伸びシートやもう少し広いデラックスタイプなどありますが、今回は比較のために一番安くキツイものを選びました。

 

そして次に3列シート。

これもデラックスや電動でリクライニングするものもありますが、普通の3列独立シートを比較にしています。

こんな感じのヤツですね。
高速バス車内の様子

それでは比較していきます。
 

比較表

4列シートスタンダード 3列独立シート 新幹線(品川-名古屋指定席)
料金 3500円 6000円 11090円
所要時間 約5時間 約5時間 約1時間40分
乗り心地
予約方法 バスブックマーク
バスブックマーク
スマートEX

*2019年8月時点のケース

集合場所(名古屋駅南ささしまライブバス停)

集合場所は名古屋南ささしまライブ。

名古屋駅からはナナちゃん人形を通り過ぎて、徒歩で10〜15分ほど。

出発時間が9:00ですので、10分前には着いておこうかな〜と思っていましたが、名古屋駅から意外と遠かったので、注意が必要です。

名古屋南ささしまライブ

なんとか8:55に到着!間に合いました。

バスは2台停まっていて、どちらも運転手だと思われるおじさんが、名前をチェックしています。

最初別の行き先のバスのおじさん声をかけてしまいましたが、
「東京行きはあっちだよ」
と教えてくれました。

高速バス集合場所

大きい荷物がある人は、こちらで入れられます。

高速バスの集合場所 荷物

車内の様子

車内の様子はこちら。

結構ぎっしり詰め込まれている感、伝わるでしょうか?

前方と後方で、男性と女性を分けてくれているようです。

これは女性には安心ですね。

あとで書きますが、4列シートは席がかなり狭く、隣の人との距離が近いので、

女性は心配も多いかと思いますが、そこはまず一安心というところです。

 

前方が男性なので、写真は圧迫感を余計に感じますが(>人<;)

高速バスの車内の様子

こちらは席からとった視点です。

前の席が外国人だったのですが、ちょっと独特なコロンが気になりました(*´-`)

高速バスの車内の様子2

 

 

席は狭い!狭すぎる!(※個人の感想です)

さて、肝心の席はこちら。

あくまで個人の感想ですが、かなり狭い!

この日はまだ8月終わり頃だったんですが、名古屋駅から15分歩いた僕は汗がやばいっ。

私は肩幅がわりと広い方なので、隣の人と肩が何度もくっついて気になりました。

 

高速バスの席

USBが1人一つ付いていたのは嬉しい。

通路側にももちろんありました。

長時間の車内はスマホでサイトや動画をみるのは必須なので、充電気になりますよね。

高速バスのUSB

ドリンクホルダー。

行きに買っていったドトールのコーヒー。

水滴が気になったので、ペットボトルの方がよかったかな?と思いました。

ドリンクホルダー

車内は狭いので、もちろんパソコンを広げるわけにはいきません。

本を読むかスマホをみるか、ぐらいになります。

しかし、僕は最近がっつり読書をする時間がなくて、

前々から読みたいのに読めてない本が何冊かありました。

今回強制的に本を読む時間が作れて、かなり読めましたので、

それは高速バスの隠れたメリットかな?と思いました。

 

現代広告の心理技術101

今回どうしても読みたかった本は、ドルー・エリック・ホイットマンの「現代広告の心理技術101」です。

ダイレクト出版という、洋書を輸入して翻訳する出版会社で買うことができます。

ブログを運営したり情報を発信する人にとって、コピーライティングは必須技術です。

そのコピーライティングの書籍では、数々の有名アフィリエイターや有名ライターさんも一押しの本です。

コピーライティングを学びたいならこれ1冊でいいと思います。

気になる方はこちらからチェックしてみてください。

 

休憩は浜松SAと足柄SA

出発から2時間ほどで浜松SAへ到着です。

座席が狭いせいか、腰が痛い…。

休憩時間は約20分ほどありましたので、トイレを済ませストレッチをしました。

お腹が空いたらおにぎりぐらいなら余裕で食べられます。

 

休憩場所の浜松

また2時間ほど走り、足柄SAです。

同じく20分ほどの休憩。

休憩場所の足柄SA

東京駅鍛冶橋駐車場に到着!

ついに到着です。

道路の混雑はほとんどありませんでした。

到着予定時間は14:28でしたが、14:05に着きました。

東京鍛冶橋駐車場

待合室になるので、お迎えに来る人などは待つことができます。

待合室

到着地の鍛冶橋駐車場からJR東京駅八重洲南口までは徒歩で10分ぐらいでした。

 

東京駅八重洲口

持っていくと良いもの

高速バス移動であったら便利だろうなぁ、と思ったものをおすすめしていきます。

スマホ充電ケーブル、充電器

いうまでもありません。

移動時間は長いですし、バスを降りてからもスマホは使うでしょうから、こちらは必須です。

充電器もあった方が安心ですね。

僕も高速バスに関わらず、移動時間が長い時は持ち歩くようにしています。

普段車の移動が多いので、忘れがちですが。

モバイルバッテリーはAnkerがおすすめです。

ブルートゥースイヤホン

これも必須アイテムですね。

僕は前は3000円ぐらいの安いヤツを使っていたんですが、充電できる時間が短すぎてすぐ充電が切れてイライラしたのと、

1ヶ月ぐらいで壊れてしまったので、これを買いました。

 

ブルートゥースイヤホン

これは電池残量の持ち時間がめっっちゃ長いので大満足です。

しかもディスプレイでどれだけ電池残量が残っているか一目瞭然。

さらにスマホの充電器としても使えるので、これ買うなら上のAnkerの充電器要らないですね。

これは僕のように、安物買いの銭失いになりたくない方には、ぜひおすすめです。

先ほども書きましたが、コピーライティングならこの1冊だけでいいです。

現代広告の心理技術101

 

SEOを学ぶならこの2冊もおすすめですね。

漫画でストーリー仕立てになっているので、難しくても飽きない。

しかし、SEOで学ぶべき重要な点はくまなく網羅してあるので、かなり読み応えのある良書です。

アイマスクと枕

寝たい人はこの二つは必須ですね。

夜行バスの人は必ず持っていきましょう。

あと、いびき対策で耳栓も忘れずに。

デオドラント、汗拭きシート(夏場)

夏場はバス停までの移動などで汗を書くので、

エチケットとして持っておきましょう。

まとめ

今回は高速バスの体験記を書いてみました。

結論

  • 安いなりに体がキツイ。でもやれることが少ない分、読書など逆に集中できる場合もある。
  • 金を出せば快適な環境は手に入るので、3列シートにしましょう。
  • もっと金がある人は新幹線で時短しましょう。時は金ナリ
  • つまり高速バスも、状況によって使い分けるための選択肢となりうる

 

社畜から独立を目指す上で、しっかり出費を抑えることは、結構大事です。

その分外注費に突っ込めたり、教材など学びに使えたりしますからね。

締めるところはきっちり締める!

お役に立てれば嬉しいです。

おすすめの記事